FC2ブログ
ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜその形なのでしょうか?
時々街中で、奇抜な形のをした商業施設や住宅が
古くなって物寂しい姿になっているのを見かけます。

奇抜なデザインは耐久性について考慮が足りないので劣化が早いことが多いのでしょう。

では、少し変わった形をした葉をもつ植物や花は物寂しいでしょうか?
おそらく物寂しいとは感じないでしょう。美しいと感じることが多いのではないでしょうか?

この差は何でしょうか?
その形(フォルム)になるべき必然性や理由を植物は持っているからです。
人間もこの必然性や理由を無意識に感じて美しい形と認識しているのかもしれません。

建築や家も同じです。
形(フォルム)は必然性や理由或いは歴史的背景があってこそ意味があり美しいのです。

単に、この形を作りたいという建築家の想いは要らないという事です。
意味のない劣化しやすい或いは雨漏れしやすい形は社会的有害な形です。
なぜ、この形なのか、その効果は何かなどもっと突き詰めるべきです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ

トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tukuru00.blog.fc2.com/tb.php/70-cf607917



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。