FC2ブログ
ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何も変わっていない。
何気なくNHKの「花子とアン」を観て思ったことです。

今、舞台は昭和初期の戦前です。母の実家がちょうどその時期に建てられた家屋でした。子供の頃、その実家にはよく遊びに行きました。

昔の家なので水回りが違います。台所や浴室、洗面は床から一段下がった土間の上にありました。当時は家電なんていうものは無いので女の人は多くの時間を家事に費やしたことでしょう。洗濯は洗濯板に衣類をゴシゴシして乾かします。炊飯も火を焚くことから初めていたのでしょう。だからガスは画期的に便利なものだったと想像できます。

現在では台所や浴室は床の上にあり、家電の発達によって随分家事から解放されました。男性も台所に立つことを咎める事はなくなり、むしろ要求される時代になりました。

しかし、今日の「花子とアン」で主人公が「これだから女......」と男性から揶揄されるシーンを見ると、根本的に女性蔑視の風潮は何も変わっていないのだなとも感じました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ

トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tukuru00.blog.fc2.com/tb.php/157-5de966af



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。