FC2ブログ
ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北側の採光
北側の窓はあまり採光が出来ないような印象がありませんか。
確かに南側のような眩しい日射はほとんどありません。しかし、直接的な日射ではない、青空や雲からの反射の光(天空光)は方位は関係なく一定で、窓の面積を大きくすれば十分な採光を得られます。しかも安定して柔らかい光なので絵を描いたり何か作業するには適した光なのです。

北側からの光ももっと考慮すれば夏の日射による暑さの軽減にもなります。一方、冬は結露が最も発生しやすい窓になるので断熱を十分に確保する必要があります。
IMG_3607[1]
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ

トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tukuru00.blog.fc2.com/tb.php/154-5b805b02



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。