FC2ブログ
ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



内部結露は住まいの天敵です。
今日は大阪で、とある講習会に参加してきました。
内容は、暖冷房計画と結露でした。今回で2回目です。

この講習の魅力はシュミレーションをして室内環境などの確認して設計に
反映させていく手法を学べる事です。

その中でも壁の中の結露のシュミレーションがとても興味深いものでした。省エネ住宅は先ずは外壁に断熱材を充填するところから始まりました。その結果、壁の中で結露が発生してしまい、柱や筋交いを腐敗させてしまう事例が起こりました。現在では防湿フィルムや空気層を設けて対策をすることが一般的になりましたが、この地域がこの仕様で良いのかは経験的なものに頼ることも多かったのではないかと思います。

このシュミレーションでは、壁の仕様や透湿の程度、湿度、外部と室内の温度などを入力すればグラフが表示され、内部結露が発生するかを視覚的に確認できます。このグラフでは、青い線と赤い線が交差する部分で結露が発生するので、壁の仕様としては不適合です。(防湿フィルムが無いケースです)

内部結露は住まいの大敵です。間違うと、折角いいプランの住まいが台無しです。計算で予防でいきる事は、計算もきちんと取り入れる事が必要だと思います。内部結露グラフs
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ

トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tukuru00.blog.fc2.com/tb.php/109-2440f3dc