ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アシナガ蜂
ベランダの端にアシナガ蜂の巣を発見して2ヶ月くらいが過ぎました。
最初はちょっと怖かったのですが、あまり攻撃的ではないのでそのまま
にして、観察していました。

蜂という働きもののイメージがありますが、決してそんなことはありません。
午前中はせっせっと巣の修理や幼虫の世話で忙しそうですが、昼になるとほとんど
動きません。暑いからと思ってましたが、夕方になってもお休みモードでそのまま
夜になって睡眠?です。

多分2,3割の蜂が外で餌を探しているのだと思いますが、全体としてセカセカと
働いている感じではありません。
過労死はこのアシナガ蜂ではないでしょう。けっこう優雅な一生かもしれません。

ところで、アシナガ蜂は益虫らしいですね。
確かに、庭にいる毛虫が減りました。

でも、刺されると大変なので、あんまりマネしないでくださいね。
それと、スズメ蜂はおとなしいアシナガ蜂とは違い凶暴ですので、見つけたら退治しましょう。



スポンサーサイト

建物の保証期間
大手のハウスメーカなど、競合他社に勝つために保証期間の長さが
セールスポイントになる場合があるそうです。

20年とか30年とかいろいろですが、
当然保証内容は構造体や雨水侵入部分などに限定されます。
ガス給湯器を15年で故障したから保障してくれるという話はあり得ません。
何故なら、ガス給湯器の平均寿命は12年程度だからです。

また、重要なポイントは防水工事の保証は通常技術的には10年くらいまでという事実です。
ですので、倍の20年の保証の場合は有料のメンテナンス工事が、
前提条件にしないと整合性がとれません。
もし、無償という話であれば、契約時に別途費用が必要になったりしている筈です。

あまり、保証期間だけで判断するのではなく、
どれだけ耐久性に対して正直に説明してもらえるか、
どのような維持管理のサポートをしてもらえるのか、という方が大切だと思います。


「平屋」という選択
意外と多いのが「平屋希望」です。
実際は2階建てよりも坪単価があがり、延床をかせぐにはやっぱり2階建が良いです。

ハウスメーカではほとんど「平屋希望」は聞きません。
あってもすぐに話が頓挫します。

「平屋希望」がそれなりにあるのは設計事務所の特徴かもしれません。
コストだけではない要望や思いが多く土地に収まるのであれば、
「平屋」は自然な選択なのでしょう。

想像してごらん
Imagin John lennon
---------------------------------
想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって
----------------------------------
言わずと知れたジョンの名曲です。

人類が国家を放棄することは数千年たってもないでしょう。
しかし人間の想像力は無限大です。
だからこそ、あり得ない世界を想像して最悪の状況を回避する。
我が国家はとても大切。
だからこそ、想像することは人間に最大の英知なのかもしれません。

[広告] VPS


風通しの良い家
今年の夏の暑さどうでしたか?
まだまだ、暑い日は続きますが、思ったよりはマシでした。

そう感じるのはなぜでしょうか。
1つに体が暑さに慣れてしまっている。
2つ目にエアコン以外の暑さ対策を日常的にするようになったなど
が考えられます。

家の風通しや打ち水、日用品では冷たくなるタオルや敷布などの活用などです。

最近感じる事ですが、新築やリフォームを考える人に「風通しの良い家」を
条件にする人が多くなってきている気がします。

節電が求められているこの日本社会で、機械だけに頼る快適性に疑問を感じる人たちが
確実に形成されつつあるのでしょう。
そういう人たちの多くが「風通しの良い家」という設計条件にたどり着くのでしょう。

太陽光発電や蓄電池などの重装備のいわゆるスマートハウスも1つの方向性ですが、
どうしても金額が上昇してしまいます。(300万くらいは上がるかな)

「風通し」に配慮することはそんなに金額UPさせる要因ではありません。
さらに、「採光」(特に直射日光の少ない北側採光が重要デス)を配慮すれば
居住空間の体感的、視覚的にも快適性はグンと上がります。

そして、少し金額をあげて断熱性能や遮熱性能をあげれば、費用対効果はかなりあると思います。



建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。