FC2ブログ
ある設計事務所代表のだらだらブログ
            日常で感じたことや出来事など、 大まじめな話からくだらない事まで 言葉と画像で綴ります。 お付き合いくださいませ。
プロフィール

つくるけんちく

Author:つくるけんちく
TUKURU建築設計舎
代表のブログです。

リノベーションや住宅新築が
主なお仕事です。


くだらい事や音楽やお酒が大好きです。



リンク

相互リンク募集中です。 メッセージ頂ければ、こちらのリンクが確認できしだい リンクさせて頂きます。

このブログをリンクに追加する



最新記事



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



最新トラックバック



画面下を人々がお散歩する



月別アーカイブ



カテゴリ



鯉と金魚にエサをあげよう!



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これからの建築課
安藤忠雄氏の設計した個人住宅でまだ築年数が浅いのに解体されているというまとめがあるのを発見しました。
いろんな事情があり、設計に問題があるかまでは断定はできません。
しかしながら氏の設計する個人住宅の傾向から原因は推定できます。
氏はコンクリート打ち放しという仕上げを多用しています。素材感があり確かに構造物の力の流れが視覚化された美しさがあるのかもしれません。一方で、コンクリートは蓄熱性が高く夏は輻射熱で建物内がいつまでたっても暑く感じられます。室温をクーラで25℃までさげてもコンクリートの躯体が35℃もあると体感温度は中間値の30℃です。また、断熱性能も今一つなので冬は室内の熱がどんどん逃げていきます。当然コンクリートの躯体の温度が下がれば、体感温度は室温より低くなります。住宅は床面積の割には外壁の面積が大きくなるので外壁の蓄熱性能や断熱性能の室内環境への影響は大きくなります。
また、採光は南側の光を多用するので夏場の日射による熱の取得が大きくなっていると思われます。室内に日射が差す光景は写真映りには良いですが、夏はたまらんだろうと思うことがあります。しかもそれが天窓であれば尚更です。また光については良く考えられても通風についてはどうなのでしょうか? コンクリートの家は気密性が高いので通風や換気に十分に考慮しないと湿気がこもり健康的にもいろんな問題を引き起こします。コンクリートの家が一番、通風や換気に気を使わなければならない構造なのです。
採光や通風、断熱などの温熱環境や耐震性や暮らし方をトータルに考えてこそ初めて『家のカタチ」が出来上がるのです。「家のカタチ」は結果であり、カタチにあわせて人が住むものではないのです。カタチには思いや意味があるはずなのです。
安藤忠雄氏は建築の学校に行かず独力で成功してきた点に惹かれるところは確かにありますが、彼を否定しないと新しいものは生まれないだろうと思っています。
http://matome.naver.jp/odai/2141153687735243201
スポンサーサイト

焼き杉板は高級品
大津市の街中にある蔵です。ここは昔からの大津の中心地で昔は日本家屋もたくさん建っていたような気がします。

壁は焼き杉板ですが、最近は防火の関係でほぼ使われなくなりました。店舗などで使われることもありますが、最近では一般普及品ではないのでかなりの高級品です。

杉材を製材して、字のごとく焼いた状態のものですが、墨の部分が不燃材のような役目を果たし燃えにくいとされています。耐久性なども良いとされています。

墨の部分を専用の道具で落とすと、焼き杉板のうずくりになり木目が黒く浮き出て内装用や家具に使われていたようです。

この蔵もそのうち消滅するのかもしれません。知らない人は確実にふえるでしょう。もしかしたら、近隣から火事に遭った家屋を放置するな!と持ち主や役所にクレームが入る冗談みたいな話もそのうち出てくるかもしれません。IMG_4368[1]


経済は後退局面か。
住宅業界では景気は後退であり、回復の見通しは見えないという状況です。
住宅新築着工件数の前年同月比
4月3.3%減 5月15.0%減 6月9.5%減 7月14.1%減
完成まで3~6か月ほど掛るので、半年ほどは悪い状態でしょう。
あまりナントカミクスは関係ありません。
地方創生? 本気で林業の復活をするなら評価もできますが、そんな話は出てきませんね。言葉あそびでお終いになりそうな予感です。

限界家屋
最近、空き家の問題がテレビなどで取り上げられています。個人的には以前からずっとある問題で一般にはあまり関心を持たれていない印象でした。正直、どうして今この問題が急に浮上してきたのかと少し怪訝な感じさえありますが、今ある家屋に価値を見出す方向性はこれはこれで良いとは思っています。また、住まいとしては限界を超えた家屋の早期の撤去は確かに社会問題化しています。

限界集落に限界家屋、消滅都市と人口減少による国力の明らかな低下。札束をばら撒いても解決しない問題が山積です。

景観の規制は厳しくてもOKです。
日中は暑いので、京都鴨川の「ゆか」はまだまだ使われるのでしょうか? この「ゆか」は知事の許可制だそうです。普通の地域は許可は出ないでしょう。情緒を感じます。 

一方、京都市内は景観の規制が厳しく、最近では看板の規制ではいろいろニュースになったりしているところです。厳しい景観条例は無秩序な日本な風景に対しの警告なのか、或いは経済の無理解者による暴挙なのか? 

本質的には外観はあまり重要でないと個人的には考えてるので規制はもっと厳しくても構いません。

そんな事を言うと経済最優先の人に恨まれるのでしょうか? 

IMG_4109[1]


建築家 澁江 和宏さんの家づくりプロフィール
HOUSECOプロフィールページへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。